上級者はサクソバンク*

FX・CFD・海外商品先物___サクソバンク証券-2.png

ぴぐもんです。

本日も記事を書いていきます。

今回も証券会社についての内容です。

私自身も驚いた証券会社があります。

その会社とは・・・。

SAXO BANKです。

きいたことがありますか?

では、サクソバンクについて詳しく説明します。

本社はデンマークにあり登記としては、投資銀行となっています。つまり証券も扱うわけですが銀行業務も行っているとのことです。

どれほど大きくしっかりした会社なのか想像つきますよね?

日本では馴染みのない会社ですが世界的に有名な会社となります。



●サクソバンクを使うメリット

スキャルピングを公認している数少ないFX会社のひとつです。

初心者の方はあまり意識していないかもしれませんが、SBI FXトレード・GMOクリック証券・DMM FXなど多くのFX会社ではスキャルピングを禁止しています。

場合によっては予告なしに突然FX口座が凍結される可能性もあるため、スキャルピングをする場合は必ず公認しているFX会社を利用するようにしてくださいね。

●圧倒的な約定率

過去、矢野経済研究所が調査したところ、2018年3月の米国・雇用統計発表時に約定率100%だったFX会社はサクソバンク証券だけだったという衝撃的な結果となってます。

経済指標発表時などは、サクソバンク証券のように約定率が高いFX会社がおすすめですよ。

・口コミ情報


Aさん

サクソンバンクというデンマーク、コペンハーゲンに本部を持つ、
投資銀行の100%出資子会社の運営です。
ちょっと馴染みは薄いかもしれませんが、ちゃんとした会社です。
ここは、160を超える通貨ペアを持つ一方、小回りは利きにくいので中上級者且つ、長期トレードに向いていると思います。
当然、マイナー通貨もおおいので、高スワップを楽しむのも良いかと思います。

Bさん

外資系という事で最初は抵抗感があり、実際に取引する際も機能ツールに違和感を覚えました。しかしながら内容を理解すると、メリットの部分も感じる事ができました。 特に通貨ペアが充実している点が良かったと思います。サポートに関しては長時間の対応が可能でしたので、不明点を埋めていく部分において利点を感じました。取引制限がない部分も魅力です。


この記事へのコメント