世界の銀行の金利

shutterstock_570956323.jpgこんにちは!!

ご無沙汰しています。

夏がまもなく終わり秋に移ろうとしています。

最近、世界はいろんな問題が起こっています。

日本もその1つに該当します。

我々が直面している問題は年金の問題です。

どうやって作っていけば良いのか・・・分からないですよね?

そのためには知識をつけなければなりません。

今回は世界の銀行金利について学習していきましょう。


●日本の金利はいくらなのか?

銀行によって設定はまちまちですが、年率は現在で0.1%~0..001%の金利で設定されています。

頭のいい人はわかると思いますが銀行に預金していてもお金は増えません。

出金するときの手数料にも満たない低水準です。

それではどうするべきなのでしょうか?

一例に各国の金利を紹介させていただきます。

●世界の金利ランキング

2017年度バージョンですが参考にどうぞ。

1位 ガーナ 25.5%
2位 アルゼンチン 24.75%
3位 マラウイ 24%
4位 モザンピーク 23.25%
5位 ガンビア 23.0%
6位 ベネズエラ 22.49%
7位 ハイチ 22.0%
7位 イラン 22.0%
9位 ベラルーシ 17.0%
10位 アンゴラ 16.0%

まとめると発展途上国が金利が高くなっています。

どこで貯金するかによって資産をふやせるかが鍵になってきます。

しかしながら高金利だからといい気を付けなければならないことがあります。

●注意しなければならない点


為替リスクがあります。

つまりは他の国で預金するときはその国の通貨で預金することとなります。

その当時、ドルを100円で預金していたとすると引き出す際に50円となっていたとすると資産は半分になっていることとなります。

為替リスクが少ない通貨で預金することが重要です。

●まとめ


・変動が少ない通貨の国に預金

・国の情勢が安定している国への預金

・出金のタイミング


いかがでしたでしょうか?

金利についておはなしをしました。

今後、自分の資産をどこに移すか検討しましょう。

日本円だけを持っていてもだめです。

自分のポートフォリオを見つめなおしましょう。

この記事へのコメント